閉店前のunico stock幕張店へ行ってきました

※2020年6月よりunico stock は横浜に移転しました
【リニューアル】unico stock横浜店へ行ってきました

unico stockが幕張から横浜へお引越し

unicoのアウトレット品を扱うunico stockの店舗移転が発表されました。
これまで千葉幕張にありましたが、リニューアルオープンされる横浜ベイサイドアウトレットパークへとお引越し。

幕張は三井のアウトレットパークの中では敷地が狭かったのですが、横浜ベイサイドのアウトレットパークはかなり広いそう。
unico stockもスペースや展示品を増やして、たくさんのアイテムを見ることができるようになるそうです。

横浜ベイサイド店のオープンは2020年4月10日(金)、幕張店の営業は2020年2月24日(月)まで。
新しい横浜ベイサイド店も楽しみですが、慣れ親しんだ幕張のunico stockに最後にもう一度足を運んできました。

→新型コロナウィルスによる緊急事態宣言で、横浜ベイサイドアウトレットパークの営業開始が6月となりました。

スポンサーリンク




あと3日で閉店をするunico stock幕張店の様子

新しい家具の購入を考えるたびに足を運んできた幕張。これまで通い続けてきたこの見慣れたお店もこれで見納めです。少し寂しいですね。

ほぼunico stockに来るために幕張まで来ていたので、幕張にも来ることも減ってしまいそう。

移転が決まってからは80%オフもされていたそうですが、閉店3日前ということで店内には展示品も少なくガランとしていました。

大型家具が30〜40%割引

こちらの大きなAVボード。元の値段は39,800円ですが40%と大きく割引されてます。

状態も悪くないし見た目もおしゃれ。お部屋でも十分に使えそうです。W1200なので2人暮らしやファミリー向けにぴったりですね。

後ろに写っている家具もほぼ30〜40%オフ。ダイニングテーブルなどいつもかなり展示されていますが、この日はあまり展示されておらず、通常よりは数が少なかった印象です。

すでに、新しい店舗へ移動されているのかもしれません。

同じ種類のW600サイズも売られています。もともとはunico loomの商品だったようです。

こちらは30%オフ。
元値も24,800円と安いのですが、ここからさらに30%オフだと消費税込みで1万円代で購入できてしまいますね。

unicoの家具は引き出しを使うときにその良さを感じます。

安い家具は引き出しを引く時にギシギシいうのですが、unicoの家具は開閉がスムーズで気持ちいい。引き出しの下にきちんとローラーが付いているので、使う人に負荷なく物の出し入れができます。

このクオリティーの家具がこの値段で買えるなんて本当にお得!

気に入った雑貨

我が家は大型家具がほぼ揃っている状態なので、最近は小物や雑貨などを購入するようになりました。

気になったのはこちらの壁掛けのポスター。

ただ衝動買いをするにはサイズが少し大きかったので、今あるものとのバランスが崩れてしまいそう。デザインは気に入ったのですが、今回は購入を見送ることにしました。

生まれ変わるunico stockが楽しみ

unicoの家具がとってもお得に購入できるアウトレット店。横浜への移転でさらに広く、アイテムも豊富になるそうなので、リニューアルもとても楽しみです。

横浜店がオープンしたら、またレポートします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい